ポールスター1ハイブリッド、ジュネーブ初披露 2/3は2020年めど 「月会費制」も

公開 : 2018.02.07 22:00  更新 : 2018.02.20 18:13

電力パワートレインをフィーチャーしたボルボのハイパフォーマンス部門は、現時点で3車種の投入を計画中です。その第1号車は発売前に、世界規模の顔見世ツアーを敢行。新ブランドをアピールします。

もくじ

まずは旗艦モデルでブランディング
販売の真打は2020年に登場
年販は8〜9万台 新たな料金プランも検討中

まずは旗艦モデルでブランディング

ボルボの高性能モデルを手掛けるサブブランドだったポールスターが、新たなブランドとして展開を開始する。最初のモデルとなる1ハイブリッド・クーペはブランディングのため、来月のジュネーブ・ショーを皮切りに、世界規模の巡業に出る。そのクライマックスは、来年半ばの発表だ。

電動パワートレインに特化したパフォーマンスブランドの先頭打者は、それから間もなくワールドワイドに販売されることとなる。価格は12万ポンド(1824万円)からで、左ハンドルのみの設定となる模様だ。

ポールスターのCEOに着任し、ボルボのデザインディレクターと兼業するトーマス・インゲンラートによれば、ポールスターはボルボの技術的な先鋒になるという。ポールスター1の後に控えるのは、ピュアEVのパフォーマンスモデルたちだ。

2020年には、クロスオーバースタイルのEVセダンであるポールスター2が登場。これは、インゲンラートが手掛けたコンセプト40.2と関連性の深いものだ。それに続くのが、フルサイズSUVのポールスター3だ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事