タタ・メガピクセル

公開 : 2012.03.07 16:22  更新 : 2017.06.01 00:54

タタ・メガピクセル・コンセプトは、Co2排出量22g/kmと100km/lの燃費を誇るコンセプトカーだ。

タタ・ピクセルが、ナノの代わりにヨーロッパで販売されることをタタのチーフは昨年明らかにしたが、タタ・インドのマネージング・ディレクター、プラカシュ・テラングによれば、「メガピクセルはピクセルの発展形」だという。

ピクセルは従来の3気筒ディーゼルで駆動されるが、メカピクセルは4台の電気モーターで駆動される。メガピクセルはその13kWhのリチウムイオン・バッテリーによって87kmの走行が可能だ。

また、電池が消耗した場合は、30bhpを発揮する325ccシングル・シリンダー・ガソリン・エンジンにより、その走行距離を964kmにまで広げることができる。しかも最高速度は110km/hにまで達するという。

ピクセルは5.2mという最小回転半径が売りのひとつだったが、メガピクセルはその複雑なドライブトレーンにも関わらず5.6mという最小回転半径を誇る。

そのデザインはタタの将来のデザイン・ラインを示唆するものだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×