フォードGTが生まれる場所 カナダ「マルチマティック」を訪問

公開 : 2018.02.18 11:40

フォードGT 速さの秘密

ホルトによれば、このクルマは当初からル・マンでの勝利を念頭に設計されたという。スーパーカーとしては車重が非常に軽く(装備重量は1400kg以下)、また前面投影面積も小さくなるようにデザインされている。

ホルトいわく「空力について話をすると、皆が抵抗係数(Cd)を小さくしなければいけないと言いますが、実際にやってみれば、レーシングカーでCd値を下げるのがいかに大変かということがすぐにわかります。前面投影面積を小さくする方がはるかに効率が良いのです」

「このアプローチを採用したことで、フェラーリ488GTEの前面投影面積が2.15平方メートルである一方、GTはわずか1.85平方メートルです。もちろん、これは乗員にとってはキャビンスペースが狭くなることを意味していますが、それがコンペティションモデルを運転することだと理解して頂く必要があるのです」

このクルマの全てがその出自がレースにあることを示している。フロント左に置かれた油圧アキュームレータとの重量バランスをとるため、軽量なリチウム・イオン・バッテリーはその反対側に配置されている。

ウインドウは携帯電話にも使用されている薄い(そのために軽量な)コーニング社製強化ガラスである。さらにはスポイラーへの空気の流れを整えるためのふたつのトンネルが、キャビン横を通ってリアボディまで続く。

特筆すべきは、ボディパネルを外せば、レースカーとロードカーはほとんど見分けがつかないということだろう。

実際に見てみよう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事