アストン マーティンDB11ヴォランテ試乗 価格1万5000ポンド上乗せながら納得

公開 : 2018.02.23 11:30  更新 : 2018.02.28 16:35

アストン マーティンの新しいモデル・ジェネレーションとして、初のコンバーチブルとなるDB11ヴォランテ。スポーツ・グランドツアラーという、速さだけでなく快適性も求められるニッチなカテゴリーにおける評価は?

もくじ

どんなクルマ?
秀逸なDB11クーペに更なる改良を加える
エンジニアが苦心した優れたシャシー剛性

どんな感じ?
ハンドリングの質感はクーペ以上?
内外ともにトップクラスの仕上がり

「買い」か?
スポーツGTとしての優れた説得力

スペック
アストン マーティンDB11ヴォランテのスペック

どんなクルマ?

秀逸なDB11クーペに更なる改良を加える

アストン マーティンDB11ヴォランテの、何と美しいことか。

DB11のために、アストン マーティンは従来のアルミニウム製のVHプラットフォームに代わる、まったく新しいアーキテクチャを設計した。このアルミニウム製のプラットフォームは、いずれすべてのアストン マーティンのモデルに採用されることになるだろう。

以前味わったDB11クーペの仕上がりは、極めて素晴らしいものだった。本当に。

そして、続くヴァンテージの記事も、間もなくお届けできるかと思う。

話を戻すと、V12エンジンを搭載したDB11クーペをわれわれが紹介した以降も、さらにアストン マーティンのエンジニアは改良と修正を加え、ヴォランテには幾つかの改善点が盛り込まれている。

ソフトトップに関しても、従来よりも上質さを増している。素材としては複数の層を重ねることで、充分な防音性を確保。ソフトトップを下ろした際、占有されるリアシート後部のボリュームの小ささが特長で、その分、ラゲッジスペースが削られる量が少ないのも自慢だ。

トップを下ろすと、ラゲッジスペースとの仕切り板がスライドして出てくるが、トップを上げれば、仕切り板も格納される。ラゲッジスペースの容量は206ℓで、DB9ヴォランテ比で20%も大きくなった。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事