アバルト124GT 脱着式ハードトップ ジュネーブ・モーターショー

公開 : 2018.03.01 10:40  更新 : 2018.03.01 10:42

アバルト124スパイダーの「脱着式ハードトップ」モデルが発表されました。カーボンファイバー製のルーフで、重量は16kgです。マツダ・ロードスターRFと異なる方法を選んできましたね。

アバルト124GTとは?

ディタッチャブル・ハードトップを採用したアバルト124GTが発表された。実車の初公開は、来週のジュネーブ・モーターショーだ。

ルーフは、カーボン製で重量が16kg。オープン時にはリアセクションに収納できるマツダ・ロードスターRFとは異なり、脱着式を採用した。

アバルト124GT

カーボン製ハードトップは、シャシーの剛性を高めることになるが、具体的な数値については公式発表がない。またルーフには静音対策が施されているほか、リアウインドウにはデフォッガーが装備された。