BMW iX3 2020年登場 新開発エレクトリック・プラットフォーム第1弾

公開 : 2018.03.02 07:10

こちらは、BMW iX3の開発車両。X3のEV版として2020年に登場します。まるで、間違い探しのようなニュースとなりますが、排気口をみるとX3ではないことが判明します。

一見X3 よくみると排気口から煙が……

BMWは、2020年にX3のゼロ・エミッション・モデルを導入する。

新型X3のラインナップにくわわる「iX3」は、新開発のエレクトリック・プラットフォームを採用する第1弾。BMW史上最も先進的なエレクトリック・パワートレインを、次世代EVモデルのなかで初搭載することになる。

AUTOCARのスパイカメラマンが撮影したのは、スカンジナビア半島で冬季テストをしているiX3。氷点下10℃という環境のなかで、バッテリーパックの評価をしているところだ。

BMW iX3

昨年登場したX3をベースにした開発車両には、エレクトリック・パワートレインが搭載されているのが分かる。なぜなら、テールパイプが搭載されるべき場所から水蒸気が立ち上がっていないからだ。氷点下のコンディションでは、内燃エンジン車ならどうしたって水蒸気が発生してしまう。
 

関連テーマ

人気テーマ