パガーニ EVとマニュアルのウアイラ後継、発売2025年めどか 自動運転は否定

公開 : 2018.03.05 18:20  更新 : 2018.03.05 20:44

パガーニも顧客の求めに応じてEVモデルの開発に着手しているようです。一方で需要がある限り、エンジン・モデルの生産も続けるとして、ウアイラ後継機の開発も進めています。さらにはマニュアル・ギアボックスも登場予定とのことですが、需要があっても「走るためのオモチャ」である自身のモデルへの自動運転機能の搭載は断固拒否するようです。

もくじ

EVとウアイラ後継機 顧客の求めに応じて
マニュアル・ギアボックスは採用 自動運転は断固拒否

EVとウアイラ後継機 顧客の求めに応じて

パガーニCEOのオラチオ・パガーニによれば、自動運転と電動化、そしてマニュアル・ギアボックスへの需要が拡大しているという。

パガーニは、このハイパーカー・メーカー初のEVを2025年までに発売するべく現在20人がその開発に取り組んでいると話す。さらにオプションでマニュアル・ギアボックスをもつ新型モデルも検討中のようだ。

アルゼンチンのTV局El Tresとのインタビューで、パガーニは内燃機関モデルに対する顧客の需要が無くならない限り、彼の会社はその要求に応え続けるとしながらも、一方で2025年までに最初のEVモデルを発売する計画があることを明らかにしている。


さらに、ニュースサイトのAutodatoでは、ウアイラの後継となる新型モデルの開発についてもレポートしている。このモデルでも引き続きガソリン仕様のメルセデス-AMG製ツインターボV12エンジンが搭載され、電動化への第一歩でもあるハイブリッドは採用されない見込みだ。

 

人気記事