生産化を明言 フォルクスワーゲンI.D.ビジョン ジュネーブ・モーターショー

公開 : 2018.03.06 11:20  更新 : 2018.03.06 12:01

日本時間の今朝公開された「フォルクスワーゲンI.D.ビジョン・コンセプト」。発表会場の場で、AUTOCARの記者が生産化に関する情報を入手しました。2021年にプロダクション化されます。

I.D.ビジョン 2021年に市販化

フォルクスワーゲンI.D.ビジョンという、新型EVサルーン・コンセプトが発表された。

アンヴェール会場となったジュネーブ・モーターショーのVWグループ・ナイトにおいて、AUTOCARはI.D.ビジョンの市販化予定について情報を入手した。

フォルクスワーゲンI.D.ビジョン

フォルクスワーゲンは、2021年に同コンセプトを生産化することを正式に認めた。

MEBアーキテクチャーをベースにし、パサートのサイズで製造するという。

I.D.シリーズのフラッグシップという位置づけで、生産化モデルの航続可能距離は600kmになる見込みだ。

なお、I.D.ビジョンの詳しい情報については、既報の「フォルクスワーゲンI.D.ビジョン フェートン後継EVサルーン ジュネーブ・モーターショー」でご確認いただきたい。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事