メルセデス・ベンツB250ブルーエフィシェンシーを追加発売

2013.02.27

メルセデス・ベンツ日本は、Bクラスに新開発2.0リッター直噴ターボ・エンジンを搭載し、大幅な標準装備の追加を行っB250ブルーエフィシェンシーを2月26日より発売する。

B250ブルーエフィシェンシーに搭載されるエンジンは、最高出力211PSのハイパワーを誇る新開発2.0ℓ直列4気筒直噴ターボで、第3世代の直噴システム「BlueDIRECTテクノロジー」およびアイドリングストップ機能を装備する。

エクステリアは、18インチAMGマルチスポーク・アルミホイール(ブラック)や、フロントグリルやドアミラーなどにブラックペイントのアクセントが施される。

また、インテリアにはクローム・インサート付の本革巻スポーツ・ステアリングやステンレスのアクセル&ブレーキペダルなどスポーティな装備を施しつつ、ブラック・アッシュウッドを使用したインテリ・アトリムの上質な装備も保たれる。

装備面においては、後席にバックレスト角度調節と前後スライド機構(最大140mm)によってラゲッジ容量の調整と用途に応じたアレンジが可能なEASY-VARIOPLUS、前席にアンダーシートボックスを備えるなど。また、左右独立して温度や風量の調整が可能なクライメートコントロールや、カップホルダーを備えた後席アームレストなどを追加している。さらに縦列駐車時にステアリング操作を自動的に行う「アクティブパーキングアシスト」などを装備する。

安全面においては、レーダー型衝突警告システム「CPA」に加えて、走行シーンに合わせてヘッドライトの照射範囲を制御して常に最適な視界を確保する「インテリジェントライトシステム」や超音波センサーによって車両と周囲の障害物との距離を測定して警告音とインジケータの点灯数で知らせる「パークトロニック」を標準装備。

また、オプションとして、ドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告する「ブラインドスポットアシスト」などの先進の安全運転支援システムを組み合わせた「セーフティパッケージ」を用意している。

価格は、4,350,000円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース