ロードテスト 三菱エクリプス・クロス ★★★★★★☆☆☆☆

公開 : 2018.03.31 16:10  更新 : 2018.03.31 16:43

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

内装 ★★★★★★☆☆☆☆

エクステリアはややラディカルなルックスだが、キャビンは驚きやワクワクを与えてくれる類のものではない。相対的にいえば、ここに見られるデザイン言語はコンサバティブに過ぎるものだ。ただし機能面については、主要な操作系の分別あるレイアウトによって、実用本位に仕上がっている。

テスト車は最上級装備レベルのファーストエディションだが、素材の質感はとりたてて高くはない。プラスティックのプレーンなモールディングにあふれ、ステッチの入ったレザートリムや、上位グレードの4とファーストエディションに設定されるパノラミックサンルーフが備わるものの、C-HRやT-Rocに匹敵する高級感を得るには至っていない。とはいえ、アウトランダーよりは洗練されたキャビンだ。

スペースに関しては一長一短といえる。前席に大きな不満はないが、後席のヘッドルームはタイトで、パノラミックサンルーフ装着車ではそれがより顕著だ。平均的な身長の大人であれば、髪が天井に触れないようにかがまなければならないだろう。ただ、レッグルームがとても広いのは僥倖だ。前席に際立って背の高い乗員が座っても、それが感じられる。リクライニングとスライドが可能で、レッグルームはさらに200mm拡大できる。

後席使用時の荷室容量は448ℓで、クラス水準を上回るが、アテカには62ℓ及ばない。テールゲートの開口部は奇妙な形状で、砂時計やひょうたんを思わせる。フロアは高いが、その下には使い勝手のいい収納スペースが隠れている

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事