ロードテスト 三菱エクリプス・クロス ★★★★★★☆☆☆☆

公開 : 2018.03.31 16:10  更新 : 2018.03.31 16:43

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック

結論 ★★★★★★☆☆☆☆

「力強く、大胆なルックスで能力も高いが、運動性の洗練度は低い」

項目によっては際立って高得点を叩き出したエクリプス・クロス。デザインは素晴らしい。パワーと燃費のバランスに優れたガソリンエンジンも同様だ。キャビンの使い勝手やマテリアルの質感は、これまでの三菱車のレベルを凌ぐものがある。

リセールバリューは高く、価格戦略は攻撃的とさえいえる。性能面を重視するユーザーが4WDモデルを選ぶ際にも、魅力的な要素となるだろう。

しかし、そうした魅力を備えながらも、この前輪駆動モデルのハンドリングとドライバビリティは、このクラスの最高水準にあるライバルと比較すると大きく水をあけられている。この手のクルマにスポーティな走りを期待してはいないが、小型ファミリーカーのような扱いやすさやバランス、位置決めの容易さは求める。このクルマの素質を考えれば、クロスオーバーの購買層なら運動性の瑕疵に目をつぶるというユーザーもいるだろう。しかしわれわれは、そこまで寛容な意見は少数派だろうと思う。

担当テスターのアドバイス

リチャード・レーン

4WDバージョンを試してみる価値がある。わたしは試乗しているが、乗り心地とハンドリングの落ち着きは、今回のテスト車を上回っていた。ダカール・ラリーを走ったマシンを思わせるルックスは好みだ。

サイモン・デイヴィス

どうして、三菱はまっとうなインフォテイメントシステムを作れなかったのか。Apple CarPlayやAndroid Autoが標準装備であっても、エクリプス・クロスに装備されるシステムそのものは標準以下だ。

オプション追加のアドバイス

エクステリアが大きく変わるとしても、選ぶべきはファーストエディションではなく4グレードだ。装備内容は大きく変わらないのに、1850ポンド(約28万円)も安い。

改善してほしいポイント

・高速時の洗練性改善のために、ドアミラーのサイズを小さくしてほしい。
・セカンダリーライドをもっと滑らかにしてほしい。
・スタビライザーを強化して、ESPのセッティングを変更してほしい。いまのままではタイヤがもたない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事