2018年型トヨタ・ランドクルーザー2.8ℓ直4ディーゼル 英国内試乗

公開 : 2018.03.23 11:50

2018年型トヨタ・ランドクルーザー2.8ℓ直4ディーゼルの英国内の試乗記です。モデルチェンジで変わったところ、ランドローバーなどのプレミアム勢に勝てるところはどこか? を見極めます。また価格に見合っているかどうかも評価のキーとなるでしょう。

もくじ

どんなクルマ?
「何が起こっても走り続けられる」
すべての変更は「タフである」ため

どんな感じ?
内装 価格考慮で何とか合格点
突出した走破性 「遅い」覆す

「買い」か?
お値打ち価格のグレードもあり

スペック
トヨタ・ランドクルーザー2.8 D4-Dインヴィンシブルのスペック

どんなクルマ?

「何が起こっても走り続けられる」

改良されたトヨタ・ランドクルーザーの2018年モデルがイギリスの道を走りはじめた。英国外での試乗記事は先日お伝えしたが、わが国でも乗ってみたかった。そしてまさに数年に一度の厳しい寒波がおとずれるそのとき、チャンスはやってきた。

つまり、この日本生まれの「東洋の猛獣」(ちなみに他の国では「ランドクルーザー・プラド」とよばれる。イギリスではかつて「ランドクルーザー・コロラド」と名乗っていた)と大寒波の一騎打ちだ。そして決着はあっけなくついた。

どちらが勝者かはおわかりだろう。荒野などものともしない頑丈さと信頼性、ランドローバーやジープをも上回る4駆性能がランドクルーザーの評判なのだから。

中東の砂漠や南アメリカのプレーリー、オーストラリアの奥地に踏みこむひとたちに支持されるのは、飾り気ない見た目がいいとかおトクな残価設定ローンで買えるとかではなくて、何が起こっても走り続けられるからだ。

 
最新試乗記