新型ロールス・ロイス・ファントム試乗 類を見ない高級感と高品質 不動の最高峰

公開 : 2018.03.28 11:40


すべてが息を呑むほど素晴らしい

クルマに乗り込み走り出せば、幅が広くフラットなシートが意味することに、気づくはず。余計なサイドサポートが備わらないのは、それが必要ないからだ。

走行中、絶え間なく動き続けているはずのステアリングやサスペンション、エンジンだが、感動的なほどにその存在感は薄い。まったく無駄のない動きと、極めて低回転でアイドリングをするエンジンがもたらす落着き。あなたがドライバーになったとしても、リアシートで望まれるような運転を正確に実現できるだろう。

ステアリングフィールは軽快で、偏平タイヤを履いているが、狭い道でも自信を持って運転するのに充分な正確性を持っている。この巨体だから、片側1車線の道路はすべて狭く感じてしまうのだけれど。

ステアリングホイールに指先を添えて操作すれば、まったく不安感なく狙った通りのラインでクルマをコントロールすることができる。穏やかな気持で進行方向の道路の状況を予測すればいい。自動車教習所で教わった通りに。

すべてが息を呑むほど素晴らしい仕上がりを見せるロールス・ロイスファントムだが、不満を上げるとすれば、外界と隔離されてしまうような感覚かもしれない。たとえスピリット・オブ・エクスタシーから白く渦を巻くのが見えるようなスピードで走っていても、中に乗っている限り声を大きくする必要はまったくない。

まるで、映画で別次元の世界を傍観しているかのように、車窓の景色が感じられるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×