実車画像 ボルボXC40 5人乗りコンパクトSUV サイズ/内装/ラインナップ

2018.03.28

欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞モデル「ボルボXC40」が、日本発表されました。ボルボが送り出すコンパクトSUVは、新開発のCMAプラットフォームを初採用。16種類以上の先進安全機能を標準装備し、価格は389万円〜。実車画像とともにご紹介します。

もくじ

欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞モデル ボルボXC40
CMAプラットフォーム初採用 オートブレーキ機能付CTA搭載
「T4」「T5」合計8モデル 価格389万円〜

欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞モデル ボルボXC40

ボルボ・カー・ジャパンは、東京都のボルボスタジオ青山で、コンパクトSUV「ボルボXC40」の日本発表会を開催した。

XC40の登場によって、ボルボのモデルのなかで90、60、40のラインナップが最初に完成したのが「XC」ということになった。

ジャパンプレミアの冒頭で、ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之代表取締役社長は、XC40というモデルの位置づけを「90、60、40の関係は、価格の違いというバーティカルなものではなく、XC90の “重厚さ” に対するXC40の “軽快さ” というようなホリゾンタルな横の関係」と説明。

続いてボルボ・カー・グループから来日したマクシミリアン・ミッソーニ エクステリアデザイン統括バイスプレジデントは、XC90=ラグジュアリー、XC60=スポーティ、XC40=ファンキーと3種類のシューズにたとえてキャラクター分けを解説(写真)。XC40にはSF的、ロボット的なテイストを与えたと語った。

実車でみるXC40のエクステリアは、都会的なスタイリングながら、高い地上高と大径アルミホイールにより力強い印象を受ける。

全長✕全幅✕全高:4425✕1875✕1660mm
ホイールベース:2700mm
最低地上高:210mm

バッグ、テュッシュボックス、カード類 専用収納ツール

インテリアは、実用性とデザイン性を両立した整然とした空間。スマートフォン、タブレット、バッグ、ティッシュボックスといった手回り品のためのスペースを最適化したのが特徴だ。

バック:助手席グローブボックスにリトラクタブル・フック追加
大型ペットボトル/ノートPC:大容量ドアポケット
(低音用スピーカーをダッシュボードに移動)
スマートフォン:ワイヤレス・スマートフォン・チャージ付き収納
モバイル端末のケーブル類:センターコンソール脇に収納スペース追加
ティッシュボックス:センターコンソール内に収納スペース設置(ダストボックス併設)
カード類:ダッシュボード運転席側に差し込み式ホルダー設置
大きな荷物:大容量ラゲッジ(折畳み対応ラゲッジフロア/床下収納対応ラゲッジカバー)
 

 
最新国内ニュース