新型メルセデス・ベンツCLS 400d 4MATIC AMGライン 優れた内装 悩ましいオプション選択

公開 : 2018.04.04 11:40  更新 : 2018.04.04 21:53


どんな感じ?

魅力的なインテリアデザインと質感

洗練され、包まれるようなCLSのインテリアデザインは、気にいる読者も多いのではないかと思う。

ヘッドルームに関しては、一般的なエグゼクティブ・サルーンと比較すると、前席も後席も不足気味だが、レッグルームは充分に広い。190cm近い身長のドライバーでも、特に我慢を強いられることなく、適したドライビングポジションを取ることができる。

シートに腰を掛けると、目前には贅沢に装飾が施された美しい内装に、さまざまに変更が可能なデジタルインスツルメントと、オプションとなるけれど一級品の「コマンドオンライン」インフォテインメント・システムが並ぶ景色が広がる。美しいアンビエントライトが埋め込まれているから、昼間の風景よりも、日没後の方が魅力的かもしれない。

たとえば、エアコンのアエベントは、暖気が出ている時は赤く光り、冷気が出ている時は青く光る。しかしそれ以上に、エアベントの立体的なデザインも素晴らしい。メルセデスのように金属を用いているメーカーは珍しいはずだ。

CLS 400dに搭載されているディーゼルエンジンは、マイナーチェンジを受けたSクラス・リムジンで既にテストしているが、ストレスの少ない組合せだった。今回、機械的な洗練度を増したとは言え、Sクラスとは異なるCLSのボディとの相性はどうだろうか。

クルマをスタートさせてみよう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事