トヨタ・オーリス・ツーリング・スポーツ 新デザインを目撃 発売は2019年?

公開 : 2018.04.06 10:10  更新 : 2021.01.28 17:39

先日、新型オーリス(欧州名)が発表されたばかりですが、ツーリング・スポーツと呼ばれるエステート版のテストカーが目撃されました。先代よりもスポーティなルックスで若者にアピール。ガソリン・エンジンに加え、2種類のハイブリッド仕様が加わります。

若々しいデザインのエステート版

新型オーリス(欧州名)の発表からわずか3週間、エステート版のテスト風景が目撃された。

5ドアハッチのモデルに続き、よりスポーティなデザインの次期型オーリス・ツーリング・スポーツがドイツで開発中だ。

・スマートなフロントフェイス
・なだらかなテールゲート(荷室を犠牲にした)
・大きめのルーフスポイラー

こうした若々しいデザインは、最近のトヨタ車全般に見られる傾向だ。

このクルマはプリウスやC-HRと同じトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ(TNGA)をベースに設計されている。

ハッチバック版のオーリスと同様に、オーリス・ツーリング・スポーツにも3種類のエンジンが与えられる。エントリーレベルとなるのは1.2ℓのターボ付きガソリン・エンジンで、116psを発揮。上級の2グレードはハイブリッドとなる。

そのうちの1つは現在C-HRやプリウスに搭載されている1.8ℓで123psを発揮するエンジンだ。もう1つは新しい2.0ℓで最高出力180psの世界で最も熱効率に優れるパワートレインといわれるもの。
 

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事