回顧録 アストン マーティンV8 ヴァンテージ vs アウディR8 後編

公開 : 2018.04.15 18:10

真面目な道具と戦える芸術品

パフォーマンスもパワートレーンも価格帯もほとんど同じではあるが、R8とヴァンテージはコンセプトの点で根本的な違いがあり、やはり両者まったく別のクルマである。

根本的にR8は仕事のための真面目な道具に徹している。並外れた、そしてさらに言ってしまえばランドマークとも呼べる実力を持った装置である。2座の小さなリアシートを投げ捨てた以外の点では、まさにポルシェ911の王座を真の意味で継承するマシーンといえるだろう。

しかし、R8のオーナーたちが、自分たちの愛車をエアコン付きのガレージで丁寧に磨き上げ、晴れの日しか走りに出ず、そして乗ったあとにまた磨き上げるとは考えられない。R8の最大の価値は、完全に普通のクルマとして、用途や季節を問わず道具として使い切って(全開とまでは言わずとも)こそ発揮されるであろう類のものだ。愛玩のための置物ではないし、たとえ愛情を持って接しているオーナーだとしても、オモチャ的には扱わないはずだ。

アストン マーティンはヴァンテージを、数千人のオーナーたちが日常的に使っている実用的なクルマだと説明することだろう。しかしそこにはオーダーメードのフィールが依然として残っている。ヴァンテージの長所はもちろんのこと、欠点からもそれは同様に色濃く感じられ、そしてR8にはまったく欠如しているものだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×