新型VWゴルフ(8代目)の内装 写真17枚 現行型ボディでテスト

公開 : 2018.04.19 05:40

新型フォルクスワーゲン・ゴルフ(8代目)の内装について、最新画像が到着しました。開発中の新しいインパネ、メーターナセルを確認することができます。さらに、エンジンの撮影にまで成功。写真17枚をご覧ください。

フォルクスワーゲン・ゴルフ新型 2019年発表へ

8代目となるフォルクスワーゲン・ゴルフの開発車両が、初めて撮影された。改造した現行型ボディのなかには、新開発のインフォテインメント・システムと新しい操作スイッチを確認できる。

撮影に成功したスパイカメラマンは、4気筒エンジンをファインダーに収める機会にも恵まれた。


3カ月前。フォルクスワーゲンの調達部門の役員を務めるラルフ・ブラントシュテッターは、次期ゴルフが開発の進展期にあると話していた。実際のところ、開発はすでに2年以上前からはじまっており、同社のある幹部は主要部分はすでにプロダクションに移行できる状況だと語っている。


今回撮影された写真では、キャビンがさらに進化していることが分かり、

 大型デジタル・インストルメントクラスター
 新開発のセンターコンソール

の様子を確認できる。

新型ゴルフについては、既報の「新型VWゴルフ(8代目) GTI/R、48Vハイブリッドか MQB/W使用」で詳しく報じている。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『新型VWゴルフ(8代目)の内装』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ