姉妹車対決 アルファ・ロメオ8C vs マセラティ・グランツーリスモS 回顧録

公開 : 2018.05.04 08:10

躾のなっていない挙動

さらにグランツーリスモSは、基本的なハンドリングでも8Cを完全に凌駕している。ただしそれは、このクルマが非常によく躾られているのは事実としても、それと同時に最新のクルマならなされていて当然のシャシーの躾が8Cではまったくできていないことによるところも大きい。

つまり、残酷なまでに正確かつ誠実に申し上げるなら、8Cは出来損ないとしか言いようがない。

最大の驚異は、マセラティとはまるで違うコーナーでの挙動である。8Cに乗ってコーナリングを楽しもうと突っ込んでみたら、あっという間に強烈なアンダーステアに見舞われ、フロントのグリップはまるでスイッチを切ったかのように瞬間的に失われてしまった。マセラティにははるかに自然な連続した挙動変化があるのに、アルファにはまったくそれがないのだ。

ならば、とトラクションコントロールをオフにすると、今度はクルマの反対側でまったく同じ現象が発生する。グランツーリスモSのテールはスムーズにスライドへと移行するので、丸一日でも自信を持ってお好みのアングルでドリフトを楽しめるだろう。

だが、同じことを8Cでやったらまさに綱渡りだ。おそらくその結末はひとつしかない。涙と巨額の請求書である。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×