アウディRS3新型、日本導入 国内でセダンに試乗 スペック、価格に見合う?

公開 : 2018.04.24 11:40  更新 : 2018.04.25 12:23

どんな感じ?

洗練とダイナミックさの両立

かなりバケット風な形状のシートに腰を下ろし、ポジションを調整しようとしたら、ちょっと意外なことが。800万円近い高価格車なのに、意外にもシートの調整はすべて手動なのだった。ま、そうだとわかっていれば別にどうということはないが。

走り出してみるとすぐに、冒頭に書いた、オッ、コイツはいい、という感触を得た。それは、カッチリとしたボディの剛性感と、硬いけれどもそのなかにしなやかさを感じさせる脚、適度にソフトでありながら路面感覚を繊細に伝えるステアリングなどによるもので、コイツは並みのクルマではないな、という印象をうける。

RS3のステアリングを受け取ったのは某SAで、そこから東名高速を走り出したのだが、その時点で走行モードはダイナミックにセットされていた。ところが、意外なところにあるモード切り替えスイッチが見つからず、ちょっと硬いなと思いつつそのまま走ったのだが、高速道路では乗り心地も充分許容の範囲にあった。

さすがアウトバーン育ち、という表現は今や完全に死語だが、高速クルージングは快調そのもので、ストレート部分での直進性はもちろんのこと、山間部のコーナー連続するセクションもすこぶる安定した挙動を保って、快速で走り抜けていく。

もちろん、400㎰の2.5ℓ5気筒ターボが繰り出すパフォーマンスは鮮烈で、必要とあれば目覚ましい追い越し加速を振る舞ってくれるが、Sトロニックをトップ7速に入れたまま平和なクルージングを味わうことも可能だ。ダイナミックモードゆえにマフラーからはけっこうな爆音が出るが、室内は決して騒々しくない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事