ロータス新型SUV、高級志向に 中国市場を意識 複数展開も示唆

公開 : 2018.04.26 15:40  更新 : 2018.04.26 18:59

ロータスは近日、同社初となるSUVを投入します。今までのロータス以上に高級志向なクルマとする一方で、ロータスらしく軽量化を重視しているようです。中国ジーリー傘下に入って以来ロータスの野望は拡大し、さらなる新型車種も計画中です。

もくじ

1車種にとどまらないロータスSUV
ロータス 今後の展開は

1車種にとどまらないロータスSUV

ロータスが近々発売する同社初のSUVは、今までのロータス以上にラグジュアリーな市場をターゲットとしているようだ。

このプロジェクトはジーリーがロータスを買収して以来最初に始まった計画のうちのひとつだ。以前AUTOCARが報じたように、ボルボと共通のプラットフォームを使用しており、「クラスをリードするハンドリング」を実現しているという。

ジーリーのデザイン部門を率いるピーター・ホルベリーが北京モーターショーで語った。「問題となるのは、ロータスがこの市場でどのようなポジションを取ることができるかです。中国にはよりラグジュアリーで高価なクルマに対する巨大な市場があり、そこに可能性が広がっているのです」

「以前、ポルシェの社内では、誰かが幹部に提案するまでSUVは全く相手にされていませんでした。もしそれがなければ、今頃どうなっていたことでしょう」

以前フォードやボルボのデザイン部門を率いていたホルベリーだが、今回のSUVの詳細については口をつぐんだ。「エヴォーラほど軽量化することは不可能でしょう。ですが、ロータスを名乗るからにはこのジャンル内で最軽量でなければなりません」

そして、彼はロータスから登場するSUVは1台に限らないことを示唆した。「SUVが登場することはすでにお知らせしていますし、われわれは迅速に多くのリソースを集めることが必要です」

コヴェントリーにあるジーリーのデザインセンターでは、SUVを含むロータスの新モデルのデザインが進められている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ロータスの人気画像

×