比較試乗 アストン マーティンV12ヴァンテージ vs ポルシェ911 GT2 後編

公開 : 2018.05.06 12:10

「曲がる」「止まる」も素晴らしい

大径のカーボンセラミック製ブレーキディスクのおかげで、止まりも息をのむほど素晴らしい。V12エンジンがもたらす動力性能は、シャシーがブレーキの熱を受け止めきれないような代物なら、無用の長物になってしまう可能性もあったはずだ。だが、その心配は皆無である。

いずれにしてもこのクルマは、ストレートを全力疾走するよりコーナーを抜けていくときのほうが、よりいっそう印象的だ。こういうマシーンを生み出せたことはアストンにとっては特別な意味があるだろうし、ひとつの到達点であるとも言えよう。

これに比べたら通常のV8は、確かに素晴らしいハンドリングを備えてはいるが、決して掟破りの怪物ではない。このように、V12ヴァンテージはかなり常軌を逸した形で、甘美この上ない本質を実感させてくる。

しかも、その底知れぬ実力を少しずつ段階的にあらわにしていくので、オーナーは長きにわたって魅了され続けることだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×