動画 ランドローバー誕生70周年 歴代名車が登場 

公開 : 2018.05.01 21:33

年表:ランドローバー70年の歴史

イベントでは、ランドローバーのプロトタイプである第1号車のヒューイ、2ドア・モデルの初代レンジローバー・クラシック、定員7人のフルサイズSUVのディスカバリー、そしてこれまでの数十年間にわたる探検を通じ、性能の高さを実証してきたモデルなど、ランドローバーのラインナップ各種が、英国コベントリーにあるランドローバー・クラシック・ワークスのステージに登場。

また、現行ラインナップも各セクターに新しい価値や定義を打ち出したモデルが現れたほか、ランドローバーを愛してきた著名人や政治家、王室が、ランドローバー・ファミリーの一員としてスクリーンに登場し祝福コメントを寄せた。


1948年:ランドローバー・シリーズIをアムステルダム・モーターショーで初披露
1953年:ランドローバー・シリーズIのロングホイールベース版を発表
1956年:オックスフォードとケンブリッジの学生が「ランドローバー・シリーズI」で
ロンドンからシンガポールを走破
1958年:洗練されたデザインとなった「ランドローバー・シリーズII」を発表

1970年:2ドア・モデルの初代「レンジローバー・クラシック」販売
1971年:ランドローバー・シリーズIIIを発表
1972年:レンジローバーが1万8000マイルにおよぶトランスアメリカ・エクスペディションで、道のないジャングル「ダリエンギャップ」越えに成功
1976年:ランドローバーの製造が100万台を突破
1979年:ランドローバーが第1回パリ・ダカール・ラリーを制覇(1981年にも再び制覇)

1981年:ランドローバーとキャメルトロフィーのパートナーシップ締結
1981年:4ドア・モデルの「レンジローバー」発表
1989年:ランドローバー第3のモデル「ディスカバリー」販売
1990年:初代ランドローバー「ランディー」を「ディフェンダー」として販売
1994年:第2世代「レンジローバー」発表
1997年:ヒル・ディセント・コントロールを採用した新型「フリーランダー」発表

2001年:独立懸架式エアサスペンションを搭載した第3世代「レンジローバー」発表
2003年:第1回G4チャレンジで、16のチームが米国、南アフリカ、オーストラリアを横断
2004年:「レンジローバー・ストーマー・コンセプト」を発表。「レンジローバー」のパフォーマンスと3ドア・モデルの未来を示唆
2004年:第3世代「ディスカバリー」である、「ディスカバリー3 / LR3」をNYショーで発表
2005年:「レンジローバー・スポーツ」発表
2006年:「フリーランダー2 / LR2」発表。ヘイルウッド工場で製造する初のランドローバー・モデル
2007年:コンセプトカー「LRX」を発表し、新ラグジュアリー・コンパクトSUVのデザイン言語を提示
2009年:第4世代「ディスカバリー」発表
2010年:世界初のラグジュアリー・コンパクトSUV「レンジローバー・イヴォーク」が世界デビュー

2012年:第4世代「レンジローバー」発表。初のオールアルミニウム製ボディを採用したSUV
2013年:新世代「レンジローバー・スポーツ」をNYショーで発表
2014年:スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)を正式に設置
2014年:「レンジローバー・スポーツSVR」発表。
2014年:「ディスカバリー・ビジョン・コンセプト」を発表し、新しいディスカバリーファミリーのデザイン・ビジョンを公開
2014年:5+2シートのプレミアム・コンパクトSUV、新型「ディスカバリー・スポーツ」発表
2015年:「ディフェンダー」製造終了に伴い、3つの限定モデルを発表。記念イベントとして英国最大のサンドアートを製作し公開
2015年:「レンジローバーSVオートバイオグラフィ」ロングホイールベース発表
2015年:世界初のラグジュアリー・コンパクトSUVコンバーチブル・モデル「レンジローバー・イヴォークコンバーチブル」を発表
2015年:ワンオフ・モデル「ディフェンダー2,000,000」がチャリティ・オークションで£400,000で落札される

2016年:最後の「ディフェンダー」がラインオフ
2016年:世界初のリモート・インテリジェント・シート・フォールド機能を搭載した新型「ディスカバリー」発表
2017年:第4のレンジローバーモデルである新型「レンジローバー・ヴェラール」発表
2018年:限定モデル「レンジローバーSVクーペ」がジュネーブ・ショーでデビュー

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×