初試乗 新型メルセデス-AMG G63 先代からの最大の違い「洗練性」

公開 : 2018.05.07 11:50  更新 : 2018.05.07 12:04

新型Gクラス 内外装の変更点詳細

同じように、ドアヒンジは外から見えるまま残されており、多くの開閉システムはキャリーオーバーされている。そのため、オーナーは引き続き、精密な機械だと感じさせるリッチなドアの開閉音を聞くことができる。

このクルマはオーストリア・グラーツのマグナ・シュタイヤー工場でハンドビルドされるが、こういった細かな精密さが、まさにクルマ1台に15万ポンド(2215万円)近く支払うようなひとびとが気にする部分である。

また、意外でもないが、ボンネット両端のライトはそのまま残されている。コストが計画の5倍かかろうとも、メルセデスはこの部分の安全性にも配慮し、どのような角度からでもライトの骨格が変形し、クルマのフロントから1m以内でも、地面から光が見えなければならないという独自の規定に従って開発したのだ。

助手席側のダッシュボード上には、旧型と変わらずバーハンドルがある。レッグ、ショルダールームは大幅に拡張され、広いリアのベンチシートに座ったひとにもその恩恵は感じられるだろう。

古いW463型から新しい世代に乗り換えると、その他の改良点も山ほど目につく。実際、新世代は全方位でボディサイズが拡大しており、全長が53mm、全幅が64mm、全高が15mm大きくなっている。

その他インテリアも根本から見直された。四角いパネルなど古風な雰囲気は残しているが、12.3インチディスプレイがふたつ横並びで鎮座している。Eクラスからのパーツも多いが、快適さは当然ながら、適切な贅沢感も持ち合わせている。

本当にデザインにこだわるひとでも、気に触る点はほとんどないだろう(さらに、このクルマの金属部は写真で見るより説得力がある)。

そして、このメジャーアップデートで一番利益を得るのはドライバーだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事