初試乗 新型メルセデス-AMG G63 先代からの最大の違い「洗練性」

公開 : 2018.05.07 11:50  更新 : 2018.05.07 12:04

「買い」か?

購入「ためらう理由なし」 象徴に

もしすでにGクラスの購入を検討しているなら(2017年が、30万台のGクラスの歴史の中で最も成功した年だったことを考えると、当然購入していそうなものだが)、ためらう理由はない。

ボディワークに以前のような無骨さはないが、これは大幅に向上した乗り心地とハンドリング、豪華になったインテリアで相殺される。

実は、ライバルとしてレンジローバーとともに検討した時に、このような点が大切になってくる。

スピードはもちろん、全体的に洗練度はレンジローバーよりも低いが、Gクラスで570kmを1日で走破することも、もはや怖くはない(ドライビングポジションがより自然になったのも大きい)。Gクラスでの旅は、楽しいものとなるだろう。

全てを盛り込んだフル・ロードテストも必要で、こちらはそう遠くないうちに行われるだろう。この初試乗ではっきりわかったのは、コアのキャラクターをよく残したままに、その他の部分が徹底的にリファインされたということだ。

うまく調教されつつも、ふさわしい場所で本来の類い稀なる性能を発揮できるG63は、信頼に足る、新たなメルセデスの象徴だ。

メルセデス-AMG G63 4.0 V8のスペック

価格 14万3305ポンド(2116万円)
全長×全幅×全高
最高速度 225km/h
0-100km/h加速 4.5秒
燃費 9.7km/ℓ
CO2排出量 299g/km
乾燥重量 2485kg
パワートレイン V型8気筒3982ccツインターボ
使用燃料 ガソリン
最高出力 585ps/5500rpm
最大トルク 86.5kg-m/2500-3500rpm
ギアボックス 9速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事