BMW「iNext」 EVかつレベル3.5の自動運転 2021年〜生産

公開 : 2018.05.21 11:20

レベル3.5の自動運転を実現

BMWは2016年に、完全自動運転車の開発競争に参加することを発表した。インテルやモバイルアイとのチームにより2021年までに最初の自動運転車を発売する計画であった。BMWによれば、このクルマではレベル3.5の自動運転を実現するという。

公式なレベル5ではないものの、レベル3.5とは3と4の差をうめるものだ。レベル3では一時的な完全自律走行ができるものの、一定の状況下では人間のアシストを必要とする。一方、レベル4では完全に人間を必要としない走行が可能だ。

レベル 概要 責任主体
レベル0 
運転自動化なし
運転者が全ての運転タスクを実施 運転者
レベル1 
運転支援
システムが前後/左右のいずれかの車両制御に係る運転タスクのサブタスクを実施 運転者
レベル2 
部分運転自動化
システムが前後/左右の両方の車両制御に係る運転タスクのサブタスクを実施 運転者
レベル3 
条件付運転自動化
システムが全ての運転タスクを実施(限定領域内)。作動継続が困難な場合の運転者は、システムの介入要求等に対して、適切に応答することが期待される。 システム(作動継続が困難な場合は運転者)
レベル4 
高度運転自動化
システムが全ての運転タスクを実施(限定領域内)。作動継続が困難な場合、利用者が応答することは期待されない。 システム
レベル5 
完全運転自動化
システムが全ての運転タスクを実施(限定領域内ではない)。作動継続が困難な場合、利用者が応答することは期待されない システム

iNextの電動パワートレインは500km以上の航続距離を持つとされているが、詳細は発表されていない。

BMWの今後のモデルとしてはi ビジョン・ダイナミクスがテスラモデルSに対抗するi5として2021年に登場予定だ。また、X3の電動バージョンであるiX3も登場間近だ。これはアウディe-トロン、ジャガーI-PACE、メルセデス・ベンツEQ Cの対抗となる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

EVの人気画像