ホットハッチ頂上対決 フォーカスRS vs メガーヌR26R vs ランエボX 前編

公開 : 2018.07.24 18:10

フォーカスRSとは

さて、今回の主役、2代目フォード・フォーカスRSだが、フォードのパフォーマンス車両部門のボスであるヨースト・カピートは「これはRSであると同時に、フォーカスでもあります」と、このモデルを表現している。

確かにそのようである。このフォーカスRSはフォーカスSTをベースに開発されたが、STそのものが現行市販ホットハッチでベストに数えられるほどの1台だ。RSのインテリアはそのSTとほぼ同仕様で、サポート性に優れるシートと短いシフトレバー(ギアボックス自体にも細かな変更点がある)こそ専用品だが、ステアリングホイールは共通である。

もちろん前輪駆動で、エンジンはSTに使われている2.5ℓ5気筒の発展バージョンだ。ターボの大型化に合わせて、ピストンとカムシャフト、それにコンロッドを新しくしたほか、補機類も異なっている。

外観は、40mm拡大されたトレッドに合わせてクォーターパネルが変更され、ホイールアーチのフレアはパネルと一体のプレス成型になった。ボディ関連のモディファイは、主にエンジンの冷却性能とエアロダイナミクス性能にかかわる部分の強化を目的になされている。

フロントのスポイラー、それにリアのディフューザーとスポイラーは、実際にダウンフォースを発生するという(ただしフォードは具体的な数値を明らかにしていないので、さほど強力なものではないだろう)。車高もSTより20mmほど下げられている。全体的に、どこかのショップが作ったチューニングカーのような匂いのするクルマである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事