カナダ人実業家 マクラーレン株の10%を取得 およそ303億円

公開 : 2018.05.22 18:10

カナダ人実業家のマイケル・ラティフィが、マクラーレングループの10%に相当する株式を取得しました。その総額は303億円に達します。彼はマクラーレンブランドの崇拝者であったといいます。グループの会長はこの投資を歓迎するコメントを出しました。

もくじ

グループ3位の大株主に
長期的な成長戦略が魅力

グループ3位の大株主に

カナダ人実業家のマイケル・ラティフィは、今回2億400万ポンド(303億円)を投じてマクラーレングループの10%の株式を取得し、グループ3位の大株主となった。

ラティフィが所有するニダラ・リミテッドはマクラーレン・オートモーティブ、マクラーレン・レーシング、マクラーレン・アプライド・テクノロジーズなどの10%を保有することになった。バーレーン・マムタラカト・ホールディング・カンパニー(56%)やTAGグループ(14%)に続き、3番目の大株主となる。

マクラーレングループ会長がコメントを発表した。「この大規模な投資は、われわれの未来構想に対する信頼の表れであり、グループ全体として今後も成長を続けていきます。マクラーレンファミリーの一員としてマイケル・ラティフィの参加を歓迎します」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事