メルセデス・ベンツSLSエレクトリック・ドライブ

公開 : 2013.03.09 16:56  更新 : 2017.05.13 12:52

■どんなクルマ?

世界最速のEVだ。その価格が302,000ポンド(4,320万円)+税と非常に高価なこのモデルは、トップ・スピードはリミッターで250km/hに制限されるが、0-100km/h加速は、直前に試乗したSLS AMGブラック・シリーズよりも僅かに0.3秒遅い3.9秒というタイムを叩き出す。しかし、驚きなのは、このSLSエレクトリック・ドライブは、そのボディ・ウエイトが、通常のSLS AMGよりも560kg重い2110kgという重さにもかかわらず、このタイムをマークするということだ。

そのバッテリーは60kWh、548kgという重さで、ブリックスワースにあるメルセデス・ベンツのハイ・パフォーマンス・エンジン・ディビジョンで制作されたものだ。

■どんな感じ?

間違いなくSLSエレクトリック・ドライブは速いクルマだ。メルセデス・ベンツの公式発表によれば、それぞれのタイヤには185bhp、25.4kg-mのパワー、トルクを発揮する電気モーターが付けられている。その合計は、740bhp、101.8kg-mと、歴代メルセデスで最も強力な値だ。

従って、強力なSLS AMGブラック・シリーズを試乗した直後であっても、そのシートバックに押し付けられるような加速にはただただ驚くばかりだ。想像して欲しい。スロットルを踏んだ瞬間に、ブガッティ・ヴェイロンと同じだけのトルクが発生することを。

そして、それは、例え明日ガソリンが枯渇したとしても、ハイ・パフォーマンス・カーが存在し続けるという証明でもある。

最も興味深いのは、そのハンドリングをコントロールする方法だ。その方法とは、4つのホイールに付けられているモーターを、最新のエレクトロニクスによって監視し、そしてそのトルクをコントロールするという方法なのだ。その結果、若干オーバーステア気味であるが、機敏なハンドリングをもたらしてくれるのである。

■「買い」か?

SLSエレクトリック・ドライブは、恐ろしく速いクルマだ。しかし、400ボルトのバッテリーに充電するまで3時間かかることと、その航続距離が250kmしかないのが、現時点では残念なところだ。だが、その将来性は非常に有望だ。

(グレック・ケーブル)

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×