シェフラー アウディRS3で1196ps フォーミュラE用モーターで改造

公開 : 2018.05.30 12:42  更新 : 2021.07.12 18:38

独シェフラー社が、フォーミュラEのモーターを搭載したハイテクEVコンセプト「シェフラー4eパフォーマンス」を発表。なんと、0-200km/h加速は、フェラーリ488ピスタを凌ぐ7.0秒で走り切ります。

フェラーリ488ピスタを凌ぐ加速力

独シェフラーは、1196psを発揮するエレクトリック・コンセプト「シェフラー4eパフォーマンス」を発表した。アウディRS3をベースに、フォーミュラE用のモーターを4基搭載するという。

高性能のエレクトリック・ドライブ・テクノロジーを、いかに量産車に取り入れるかを示すショーケースとして製造された本コンセプト。0-200km/h加速は7.0秒と発表されており、フェラーリ488ピスタより0.6秒も速いことになる。

モーターは、2016/17シーズンを闘ったフォーミュラEマシン(ABTシェフラーFE01)と共用。各モーターが最高出力300ps、最大トルク32.6kg-mを発揮する。


前後それぞれのアクスルに配置される2基のモーターは、シングル・ギアボックスハウジングのなかにコンパクトに収めることに成功。これにより4ホイール・トルクベクタリングにも対応する。駆動力は、64kWhのバッテリーから供給されるパッケージだ。

フォーミュラEのパワーリソースを史上最も活用した4eパフォーマンスであるが、生産化の予定はないという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事