ジャガーI-PACE「SVR」 加速力よりハンドリング重視 SVX/SVAも示唆

公開 : 2018.05.31 15:10

ジャガー生産計画責任者によれば、ハイパフォーマンスバージョンのI-PACE(同社発の電動SUV)は、50:50の重量配分が鍵となります。また、I-PACEはSVR(パフォーマンス)、SVX(オフロード)、SVA(ラグジュアリー)の、どの分野にも適することを主張しました。

もくじ

EVの「SVR」化 加速最優先にはせず
I-PACE SVR 「ならでは」の特徴とは

EVの「SVR」化 加速最優先にはせず

ジャガー・ランドローバー幹部によれば、ハイパフォーマンス・バージョンのジャガーI-PACE SVRや他のパフォーマンス志向のEVは、0-100km/h加速だけを重視するわけではないようだ

I-PACE SVRや他のスペシャル・エディションの「プロジェクト」カーについて、様々な憶測が流れている。

生産計画責任者のハンノ・カーナーがしぶしぶ認めたところによれば、すでに社内チームが指示を受け、それらのクルマの開発を始めているという。

「われわれはEVをどう『SVR』化するか自問自答しました」とカーナーは言う。

「0-97km/h加速を1.8秒にすることも可能です。これはいいアピールポイントになりますが、1、2回それを試したところで、飽きるかもしれません」