マセラティでラリー/サーキット走行 公式ドライビング・プログラム発表

公開 : 2018.05.31 12:42

新オフロード・エリア開設

「マスター・マセラティ」で使用する全車にはテレメトリー・システムが装着され、ドライビング・パフォーマンスを分析できる。公式インストラクターとともにスキル向上の可能性を検証していくのは本企画ならではの醍醐味。

すべてのマスター・マセラティ・ドライビング・コースは、パルマから約20kmのヴァラノ・デ・メレガーリ・サーキットで開催。第一級の施設と高い安全基準を備えており、楽しみながら学ぶコースには理想的な環境だ。

私有保護林に設置された新オフロード・エリアには、さまざまな自然の障害物や障壁が行く手を阻むテクニカルなトレールコースが設けられている。

過酷な非舗装路、急峻な坂、自然の障害物がレヴァンテを待ち受けるだけでなく、ギブリやクアトロポルテで丘陵のカントリーロード走行を楽しめる。オフロード、カントリーロードとともに、プロフェッショナル・ドライバーのアドバイスを聞けるのは貴重な体験。ローグリップ路やスライドマシンといったコンテンツも充実され、学ぶことと楽しむことをバランスさせたのが特徴だ。

マスター・マセラティ2018の日程・費用などの詳細については、同社ウェブサイトで確認できる。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『マセラティでラリー/サーキット走行』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ