ホンダN-VAN、グレード/内装/サイズ 助手席側ピラーレスの軽バン

2018.06.01

ホンダ「N-VAN」の最新情報です。グレード構成/内装/荷室サイズが発表されました。注目は、「+スタイル・ファン」「+スタイル・クール」という軽商用バンとは思えないスタイリッシュな2車種です。画像20枚。

+スタイル・ファン、+スタイル・クールも登場

ホンダは、今夏発表する新型軽バン「N-VAN」の公式画像を公開した。

軽バンの新基準を打ち立てるべく、

・助手席側ピラーレス(クルマの左側に大開口)
・低床スクエアパッケージ(タテに広い車内空間)
・フラットになる助手席&荷室(ダイブダウン式の助手席/後席)

という画期的なパッケージを採用。荷物の積み下ろしには、助手席側、テールゲート側という2通りの動線をもつNシリーズの商用バンである。

今回発表された車種構成は6タイプ。

ハイルーフ仕様


・N-VAN Gホンダセンシング(ベーシックモデル)
・N-VAN Lホンダセンシング(装備を追加したモデル)


・N-VAN+スタイル・ファン・ホンダセンシング
・N-VAN+スタイル・ファン・ターボ・ホンダセンシング
(仕事/レジャーにも使える丸目スタイル)

ロールーフ仕様


・N-VAN+スタイル・クール・ホンダセンシング
・N-VAN+スタイル・クール・ターボ・ホンダセンシング
(ロールーフのスタイリッシュなモデル)

全車種、FF/4WDを用意し、ホンダセンシングを標準装備。トランスミッションは、NA車には6MT/CVTを揃え、ターボ車はCVTのみとした。続いて、車内の情報も確認しておこう。
 

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事