ランドローバー オフロードで自動運転 「5次元画像」を処理

公開 : 2018.06.05 12:30

オフロードコースでテストを

「自動運転は自動車産業において必要不可欠な技術です。そしてその楽しさ、性能、安全性こそがイノベーションを促進するのです。コルテックス・プロジェクトによりわれわれは近未来像を実現するため素晴らしいパートナーとともに働くことができました」

開発試験は英国のオフロードサーキットで実施される。この技術を可能とするアルゴリズムやセンサー類は依然として開発段階だ。

JLRはこの技術の詳細について口を閉ざしており、実用化の時期や、開発パートナーがオンロードにおける自動運転と異なるのかどうかなどは不明だ。

両ブランドはすでに、未来の自動運転技術をレンジローバーのレベル4自動運転プロトタイプによって世に示している。このレベルでは、ドライバーがいつでも運転操作に戻れるよう乗車する必要はあるものの、ステアリングを握って交通状況に注意を払うなどの運転操作を常にする必要はない。

なお、ジャガーはGoogleの自動運転テクノロジーに関する関連会社であるウェイモと提携している。また英国でのオートドライブ・プロジェクトにもフォードとともに参加し、テストを重ねている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事