レクサスES初試乗 ハイブリッドのES300h、GSよりも合理的な選択肢に

公開 : 2018.06.12 10:10  更新 : 2018.06.12 10:49

速いが、ドライバビリティはイマイチ

ただ、このクルマに満足が行くのはゆったりとしたペースの時である。静かで衝撃を和らげるような乗り心地は、すべての入力を穏やかにしてくれる。

レクサスの最新世代4気筒ハイブリッドにしても、急いでない時が一番心地良い。エコモードで走るとエンジンの騒がしさは収まり、簡単に21.3km/ℓ近い燃費が出せるような、優れたアクセルペダルのキャリブレーションが行われる。

スポーツモードを選択すれば、全開でのパフォーマンスはかなりのものだ。しかし、奇妙な間があったり、ハーフ・スロットルでのフレキシビリティがほとんどないために運転しにくい印象だ。

ステアリングにはシフトパドルがついているが実用性は低い。というのも、2/3以上のパワーを使おうものなら、どのギアに入れていようとレクサス特有のラバーバンド感が感じられてしまうからだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×