フェラーリ488ピスタ・ピロティ・フェラーリ発表へ クライアントレーサー専用車

公開 : 2018.06.15 21:25  更新 : 2018.06.15 21:25

フェラーリが、488ピスタの特別仕様を発表します。跳ね馬のクライアント・レーシングドライバー専用のモデルとして登場。2017年シーズンのWECにおける活躍を祝すカスタマイズを施しました。シートやパドルシフトが、イタリア国旗カラーです!

ル・マン24時間 スタート前夜にアンヴェール

ル・マン24時間レースの開催にあわせ、フェラーリは、ユニークな488ピスタ「ピロティ・フェラーリ」仕様を公開する。

このスペシャル・カスタマイズ・モデルは、レーシング・フェラーリで成功を収めたクライアント・ドライバーに敬意を表したモデル。フェラーリはこのテーラーメイド・プログラムの最新版を、サルト・サーキットで開催される24時間レースのスタート前夜にお披露目するという。

2017年FIA世界耐久選手権(WEC)で「アレッサンドロ・ピエール・グイディ」と「ジェームス・カラド」にドライバーズ・タイトルを、そしてフェラーリにマニュファクチャラーズ・タイトルをもたらしたAFコルセ 51号車にインスパイアされたこの新型フェラーリ。その特別装備は、フェラーリのモータースポーツ活動に参加するカスタマー限定のバージョンとしてデザインされた。

特徴的なエクステリアは、WECタイトルを記念する月桂樹、選手権ロゴと参戦クラスを示す「PRO」の文字を配し、イタリア国旗のデザインをあしらったレース専用車「488GTE」を想起させる最新のカラーリングで仕上げられた。イタリア国旗はまた、両側面のカーナンバーとともに世界チャンピオン・マシンに相応しいフェラーリのエアロダイナミクスラインを際立たせる。今回ル・マンで発表されるバージョンは、世界チャンピオン・クルーがドライブしたNo.51。マットブラック仕上げのS-ダクト・エアロダイナミクスシステムとナチュラルカーボンファイバーの「ダブテール」リアウイングは、美しくパーソナライゼーションしたエクステリアを一層引き立てる。

「ピロティ・フェラーリ」488ピスタは、レーシングの世界にインスパイアされた4色、ロッソ・コルサ、ツール・ド・フランス・ブルー、デイトナ・ブラック、ニュルブルクリンク・シルバーを用意。

インテリアは、バックレストのセンターバンドにイタリア国旗が刻まれた専用穿孔シートを含めて、ブラック・アルカンターラ®仕上げとした。イタリア国旗カラーは、テクニカル素材製のフロアマットにも奢られているほか、ギアシフトパドルのエッジの特徴的な要素としても使用。 エクステリアのカラーリングで使われた数字はステアリングホイールの基部にも配され、全てのカーボンパーツの仕上げはマットで統一されている。インテリアのカスタマイズは、特別装備の識別プレートと、テーラーメイドのカーボン・シルトリムによって完成をみた。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『フェラーリ488ピスタ・ピロティ・フェラーリ発表へ』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事