ポルシェ クロアチア「リマック社」の株、10%取得 EV車開発のため

公開 : 2018.06.21 17:40

ポルシェはEV用パワートレイン開発のため、クロアチアの電動ハイパーカーメーカー「リマック」の株式の10%を取得しました。これにより、リマックもパワートレイン・サプライヤーとして成長の第一歩を踏み出した形となります。

もくじ

リマックの電動パワートレイン技術を
業界全体で電動化への流れ加速

リマックの電動パワートレイン技術を

ポルシェは、クロアチアの電動ハイパーカーメーカーであるリマックの株式の10%を取得した。これはポルシェが同社初のEV「タイカン」の開発を見据えての動きとみられている。

ポルシェはリマックの電動パワートレイン技術を将来のモデルに使いたいと考えているようだ。他方リマックにとっても他社へのパワートレインやコンポーネンツの提供は、成長の良い機会となる。

「われわれはリマックのアイデアやアプローチのしかたを非常に魅力的だと考えています。これが協力体制に入ることを望む理由です」とポルシェ役員のルッツ・メシュケはいう。「コンセプト・ワンやCツーを見れば、リマックの電動パワートレインがいかに驚異的なものか分かるでしょう」

ポルシェの発表ではリマックの高電圧バッテリー技術やEVパワートレインが興味の対象のようだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×