米テスラ、モデル3購入者に約27万円のデポジット請求 生産拡大? 資金あつめ?

公開 : 2018.07.02 17:10

四駆モデル生産開始 エントリーモデルは見通し立たず

ブルームバーグによると、現在の生産台数は1週間あたり3400台だが、まだ目標の週5000台には届いていない。テスラの広報担当者は次のように言う。

「テスラは、弊社に注文されたお客様全員にデポジットの支払いを求めてきました。これはモデルSやモデルXでも変わりません。お客様の好みに応じた1台を製造するために必要であり、もちろん購入時にお支払いいただく料金に充てられます」

モデル3の4輪駆動モデルは、仮設ラインが設置されて初めて生産が開始された。このモデルは、製造過程でのトラブルにより生産されていなかったモデルのひとつで、3万5000ドル(384万円)のエントリーモデルは、依然として生産の見通しが立っていない。

仮設の生産設備がいつまで稼働するのか、それとも正規の生産ラインへと変更されていくのは、まだわかっていない。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事