ポルシェ・ボクスター

公開 : 2012.03.15 14:41  更新 : 2017.05.29 19:07

■どんなクルマ?

世界で最もエキサイティングなクルマと評価したポルシェボクスターSにぼうっとしている暇はない。より小さなエンジンを積んだエントリーモデルであるポルシェ・ボクスターが、ボクスターSと同じように尊敬に値するかを見極めなければならないからだ。

当初、ボクスターは1996年に204bhpという非力な水冷式2.5リッターのフラット6をシートの後ろに搭載して登場した。当時は、その非力さに大きな批判が集まったものだ。しかし、16年経って、ポルシェは3.4リッターのボクスターSのエンジンと同じ素性の、2.7リッターにダウンサイジングされた261bhpのエンジンを載せてきた。このエンジンは、ピストンの修正、バリアブル・バルブ・タイミングの調整、インテーク・システムのフローの見直しなどによって、前の2.9リッター・エンジンの6400rpmよりも300rpm高い6700rpmで10bhpほど大きいパワーを発揮する。一方、トルクは28.5kg-mと1.1kg-m減少したが、幅広いバンドで発揮されるようになっている。若干トルクが減少したことは問題ではあるが、このポルシェのオーナーは、その引き換えに向上した燃料効率を得ることとなる。

より優れた冷却システムと、オート・スタート・ストップ機能、そして知的なバッテリー・チャージにより、スタンダードのボクスターは6速マニュアルの組み合わせで燃費が10.6km/lから12.2km/lへと向上した。さらに7速PDKであれば13.0km/lまで伸びる。また、Co2排出量の低下にも目を見張るものがあり、マニュアルで29g/km、PDKであれば34g.kmも低い200g/kmを切る値となっている。

■どんな感じ?

非力なパフォーマンスのエンジンを搭載するマシンのほうが、ある程度制限された道では、満足感を与えるということも珍しくはない。その手の感傷がスタンダードなボクスターにはあるのは事実だ。ボクスターSよりも若干軽く、贅肉のない感じがするが、エンジンの咆号はほとんどボクスターSと同じフィーリグだ。淀みのない2.7リッター・エンジンは、ダイナミックな表面をひっかくような感触がある。

南フランスのスムーズな道では、横方向のグリップも高く、オプションのメカニカル・リア・ディファレンシャルによるトラクションも良い。それは、ボクスターSをも後ろに追いやってしまうほどと思わせるものがある。決して安いモデルだといっても、失望させることはない。

3.4リッター・エンジンの持つ高いアウトプットはないが、それでもフラット6は活気に溢れている。但し、4500rpm以下でのトルクが薄いのは明白で、例え穏やかなモードを選んだとしても、PDKは3速ほどキックダウンして、6700rpmのピークパワー近くの回転を保とうとする。

もしボクスターを手に入れるのであれば、スポーツ・プラス・ボタンがコンソールに追加されることとなるスポーツ・クロノ・パッケージをオプションとして選んで欲しい。それはPDKのスロットル・レスポンスを高めるだけでなく、ハンドリング特性も良くなる。そして0-100km/h加速は5.7秒から5.5秒に短縮される。スポーツ・プラス・モードは、ボタンをプッシュするだけで、エンジンとギアボックスのレスポンスをリマップしてくれるのだ。

■「買い」か?

もちろん買うべきだ。但し、パフォーマンスに重点を置くのであれば、ボクスターSを買うために追加投資をすべきだ。ポルシェの不思議な能力ではあるが、クルマが高価になるのに比例して、キチンと能力も高くなるという法則がある。

しかし、ランニング・コストもそうであるし、それ以外の面においても、スタンダードなボクスターも十二分に値打ちがある。乗り心地、上品さ、増大された外観の魅力、そして素晴らしいシャシーなど、コスト・パフォーマンスを考えれば最も素晴らしいロードスターの1台であることに間違いはない。

(ニック・カケット)

ポルシェ・ボクスター2.7 PDK

価格 37,587ポンド(494万円)
最高速度 262m/h
0-100km/h加速 5.5秒
燃費 13.0km/l
Co2排出量 180g/km
乾燥重量 1340kg
エンジン 水平対向6気筒2706cc
最高出力 261bhp/6700rpm
最大トルク 28.5kg-m/4500rpm-6500rpm
ギアボックス 7速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ポルシェ ボクスターの人気画像

×