ルノー・メガーヌRS初試乗 カップシャシー仕様 最大の長所はシャシー 

公開 : 2018.07.10 10:10  更新 : 2018.07.10 11:20


どんな感じ?

硬い乗り心地が生む秀逸のハンドリング

新しいメガーヌRSカップを、英国の荒れた路面の道へと連れ出してみる。なぜポルトガルでのプレス発表会の際、サーキット走行が制限されていたのか、いろいろ勘ぐってしまった。

乗り心地は確実に硬い。ダンピングは効いているが、かなりアグレッシブな設定で、普通に流しているだけだとガサツにボディが揺さぶられてしまう。シャシーの性能を引き出すには、一般道でもかなりのスピードを出さなければ難しいだろう。路面の凹凸をいなし、乗り心地が安定してくるには、ストラットへかなりのエネルギーがかかった状態が求められるのだ。

従来型のメガーヌRSトロフィーを運転したことのある読者も中にはいると思う。今回のカップ仕様の乗り心地、縦方向のボディの動きは、それに近いレベルだといえる。

あいにく、ダンパーの設定は固定式となる。硬いショックアブソーバーと、油圧式によるサスペンション・バンプストッパーの組み合わせだが、その時の気分や状況に合わせて乗り心地をソフトに変更することはできない。乗り心地の悪さは、走りのために我慢するしかない、という昔ながらの諦めがよみがえる。

しかし、この硬い乗り心地が生む秀逸なハンドリングは、間違いなく気に入るはず。

ステアリングフィールは、かつてのメガーヌが備えていた、不安感のない重さやフィードバックに欠いていることも事実。加えて、路面の傾きにも敏感で、サスペンションの沈み具合でステアリングが変化するバンプステアや、若干ではあるものの、トラクションの状況に応じた直進性への影響も感取される。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事