2019年型 DS3クロスバック 商標画像が公開

公開 : 2018.07.12 11:20

2025年以降電動車のみが発売

ディーゼル車は最近販売の落ち込みを見せているが、依然として根強い需要がある。これに応えるべく、PSAグループが持つ1.5ℓブルーHDiとよばれるディーゼルエンジンが設定される見込みだ。

内燃機関を搭載するグレードが3クロスバックの販売のほとんどを占めるだろう。しかし、DSとして初めての電動モデルの発売は、DSの電動化推進への道筋をつけることになるだ。同ブランドは2025年以降電動車のみを発売するとしている。

DSは今年以降2025年まで毎年1台以上の新型車を発表するとしており、そのすべてに電動バージョンが設定される。CMPをベースとするモデルにはEVが設定されるが、7クロスバックのようなEMP2を使用するモデルはハイブリッドとなる。

AUTOCARでは、3クロスバックは間接的に3ハッチバックを置き換える形になると考えている。ただし、これはハッチバックのライフサイクルを終えてからの話だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事