アルピーヌA110当選者発表 プルミエール・エディション、20倍の申し込み

2018.07.16

申し込み総数 1021件

今回の抽選には1021件の申し込みがあり、約20倍という狭き門となった。ヨーロッパでも販売台数を上回るオーダーが入っているが約2倍強とのことで、日本でのアルピーヌ人気のほどが伺い知れよう。ちなみにアルピーヌにとって日本のマーケットは世界2位となることからも、日本でのアルピーヌというブランドの特別さが理解できる。

抽選会に続いて革命記念日祝賀レセプションが大使館に隣接する大使公邸で行われ、フランスと係わりの深い方々が招かれて記念日を祝った。また前日にパリでの式典に参加したローラン・ピック駐日フランス大使と河野外務大臣も急遽帰国して日本での祝賀レセプションに駆けつけ、フランスと日本の素晴らしい関係への祝辞を述べた。大使公邸とそのガーデンに設けられた特設会場では、美食の国フランスならではの様々な料理やシャンパンがふるまわれ、食をとおして両国の理解を深めた。

レセプション会場のエントランスには新型アルピーヌA110が展示され、特別な存在の1台であることを主張するとともに、パーティに華を添えた。陽が落ちる頃にはライトアップされ、シックな夜の表情に変わり来場者の注目を集めていた。

なお、AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『アルピーヌA110当選者発表』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

 

人気記事