ミュルザンヌ限定車 W.O.愛車のクランクシャフト、オブジェに ベントレー

公開 : 2018.07.18 00:01

ベントレーが発表した「ミュルザンヌW.O.エディション」。W.O.が所有していた「8リットル」のクランクシャフトを切り出し、インテリアのオブジェにするという特別なモデルです。100台限定。画像13枚でご紹介します。

「W.O.エディション」 歴史の一片が、実物で

ベントレー・モーターズが、ビスポークの美しいミュルザンヌの限定車を発表した。

マリナー部門の手による「ミュルザンヌW.O.エディション」は、ベントレーの創業者に敬意を表し、すべての個体にベントレーの歴史を示す「一片」が添えられている。

100台の特別な限定車の室内には、数十年前にW.O.ベントレーが個人で所有していた8リットル・モデル(1930年に彼がベントレー・モーターズで最後にデザイン)に搭載されていたオリジナルのクランクシャフトから切り出した薄片が飾られているのだ。

2019年のベントレー創立100周年を迎えるにあたり、マリナー部門のデザイナー達は、「ミュルザンヌW.O.エディション」のイメージを固めるため、過去99年間にわたる非凡な英国の自動車のヒストリーを振り返った。そうすることで、真のユニークなコレクターアイテムを生み出したという。