ボルボV60プラグイン・ハイブリッド

公開 : 2013.03.25 14:52  更新 : 2017.05.29 19:09

■どんなクルマ?

ボルボV60プラグイン・ハイブリッドは、前輪を212bhpの2.4ℓターボ・ディーゼルで駆動し、後輪を69bhpの電気モーターで駆動する。純粋なEVモードでは50kmの航続距離を持つ。また、ハイブリッド・モードでは、ディーゼル・エンジンとモーターを最も効率的な配分で組み合わせせる。もし、あなたが少しばかり活発な走りを味わいたければ、パワー・モードを選べば良い。また、ハイブリッド・モードや純粋なEVモードであっても、パワーが必要な時にはスロットル・ペダルに力を込めれば、ディーゼル・エンジンに火が入るという仕組みだ。

ちなみに、EVモードでの最高速度は125km/hだ。

■どんな感じ?

プロトタイプで感じられたラフさは、このプロダクション・モデルでは改善されている。実際に、EVとハイブリッドの移行についても、ほとんど感知することはできない。

公称燃費は54.9km/ℓ。ボルボは平均的なユーザーがその数値を達成できるとはしていないが、1日につき48km以下の通勤であれば、ひょっとしたらその数値に近い燃費を叩きだせるかもしれない。実際には、今回のテスト・ドライブで得た燃費は11.5km/ℓであったが、それは非常に激しいドライブを含めての数値なので、実際にはもっと良い数値がマークできるだろう。ちなみに、そのパフォーマンスは、0-100km/h加速が5.8秒というものだ。

問題があるとすれば、それはその乗り心地だ。非常に固いサスペンションと低抵抗タイヤの組み合わせは、酷い路面になると突き上げをそのまま伝えてしまうのだ。

パワー・モードでの走行は非常に愉しいもの。250kgほど重たくなったボディではあるが、その重さを感じさせないほどパワフルな廃止rをみせてくれる。また、ハンドリング・バランスも驚くほどニュートラルだ。これには通常のV60よりも良いフロント55%、リア45%という重量配分が効いているようだ。

■「買い」か?

その酷い乗り心地は別として、もしあなたが比較的高いマイレージのドライバーであれば、このV60プラグイン・ハイブリッドは向かないだろう。しかし、短い距離の通勤が主目的でセントラル・ロンドンに在住とあらば、このクルマはまさにぴったりな1台といえる。

(ガビン・コンウェイ)

ボルボV60プラグイン・ハイブリッド

価格 48,775ポンド(702万円)
最高速度 230km/h
0-100km/h加速 5.8秒
燃費 54.9km/ℓ
CO2排出量 48g/km
乾燥重量 1995kg
エンジン 直列5気筒2400ccターボ・ディーゼル+モーター
最高出力 212bhp/4000rpm+69bhp
最大トルク 44.8kg-m/1500-3000rpm+20.3kg-m
ギアボックス 6速オートマティック

関連テーマ

 
最新試乗記