ロードテスト フォルクスワーゲン・ポロ ★★★★★★★★★☆

公開 : 2018.08.18 10:10

 

はじめに ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

意匠と技術 ★★★★★★★★★☆

英国ではスーパーミニなどと呼ばれるBセグメントだが、それがスーパーミニと呼ぶのをためらうものになるのはいつだろうか。それはおそらく、ボディサイズがゴルフⅤ並みに肥大化したときだろう。新規モジュラープラットフォームのMQB-A0を採用した新型ポロは、先代より81mm長く、63mm広く、しかしわずかに低い。これにより、見た目の存在感は増し、キープコンセプトに多少の手直しを加えたエクステリアはタフな印象をもたらした。

そんな中で最も目を引くのが、やや突き出したヘッドライトである。先代のキセノンに代えてLEDを採用したそれは、ボディ同色の樹脂パーツで開口部を狭めすっきりした形状のグリルと一体感のあるものだ。また、側面から後部に走る、ボディの上下を二分するプレスラインもアイキャッチとなっている。フォルクスワーゲンとしては冒険的な要素であるだろうが、プジョー208あたりと比べればまだまだ個性が足りない。とはいえライバルたちに、これほどスレンダーなラインをくっきりと走らせることは望み得ないかもしれないが。

MQBプラットフォームは、よりサイズの大きいクルマを容易に造れること意外にも多くのメリットをもたらす。新型ポロは、剛性が先代の14000Nmから18000Nmへ引き上げられ、理論的に考えれば優れたボディコントロールとしなやかな乗り心地を両立するはず。これを達成するために、より上位のグレードに用意されたのがスポーツセレクトと銘打たれたシステムだ。これは補助スプリングを持つアダプティブダンパーを備え、車高が15mmダウンする。ただし今回のテスト車は、それを装備しない仕様だ。

エンジンのラインナップは多彩で、ガソリンは1.0ℓ自然吸気のMPI・65psから、GTI用の2.0ℓTSI・200psまで揃う。ただし、ディーゼルはSCR装備の1.6ℓTDIのみで、上位機種でも100psを下回る。フォルクスワーゲンがディーゼルの販売比率を5%と見込んでいるがゆえの設定だが、昨今のデータ偽装問題を考えればそれも納得できるところだ。

トランスミッションは、5段もしくは6段のMTが標準装備されるが、オプションで7段DCTも選択できる。テスト車は5段MT仕様で、エンジンとグレードはフォルクスワーゲンが最も売れ筋になると見込む1.0TSI 95ユニットとSEトリムだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事