オーストリアのミラン社 1343psの「レッド」発表 2.6億円

公開 : 2018.08.01 06:10

ミラン・オートモーティブ その狙いは?

ミラン・オートモーティブのマーカス、フォックスCEOは語る。

「今日、芸術的なクルマ、ハイテクなクルマ、クルマの王者とでもいうべきクルマが多く存在していますが、どれも目的は注目を得ることです。これが、われわれが参入するマーケットなのです」

同社によれば、レッドはフルカーボン製のウィッシュボーン・サスペンションを採用する初の公道走行可能なクルマになるという。エクステリアは、空気抵抗を避けてシャープなデザインを採用。

どんなハイパーカーでも、デザインやパフォーマンスを見れば興奮してしまうが、ミラン・オートモーティブはどうすればこの効果を高めることが出来るのかについて熟知している。キャビンでドライバーの拍動が表示されるようになる予定なのだ。

今のところ詳細情報はこれだけだが、限定99台のうち18台が既に予約を受けている。価格は200万ユーロ(2億6176万円)程度となる。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『オーストリアのミラン社 1343psのレッド発表』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事