スーパーカブ50、110 「60周年アニバーサリー」限定発売へ ホンダ

公開 : 2018.08.01 12:28

スーパーカブの60周年を記念して、スーパーカブ50、110「60周年アニバーサリー」が限定発売されます。60年代の広告をオマージュしたカラーリングが特徴で、ツートーンシートやブラック塗装のリアキャリアを採用しています。

60周年記念モデル 受注期間8/1〜10/31

ホンダは、「スーパーカブ」の誕生60周年を記念し、特別なカラーリングを施した「スーパーカブ50・60周年アニバーサリー」と「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」を発表した。いずれも、11月22日(木)に受注期間限定で発売するという(受注期間は2018年8月1日〜10月31日)。

スーパーカブ50/110・60周年アニバーサリーは、1963年に米国で展開され話題を呼んだ「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」広告(写真)に描かれたイメージイラストをモチーフとして、マグナレッドを主体としたボディカラーに、ツートーン仕様のシートやブラック塗装のリアキャリアを採用するなど、特別なカラーリングを施している。

さらに、スーパーカブ誕生60周年の記念エンブレムをサイドカバーとキーにそれぞれ採用するなど、特別感にあふれた1台とした。

スーパーカブシリーズは、1958年8月に初代モデル「スーパーカブC100」を発売して以来、低燃費や静粛性、信頼・耐久性に優れた4ストロークエンジンを搭載し、乗り降りしやすい低床バックボーンタイプのフレームや、クラッチ操作を省いた自動遠心式クラッチの採用などで、幅広い層のユーザーに愛用されているロングセラーモデル。現在、シリーズとしての世界生産累計は、約1億200万台(2018年6月末時点)を超え、生活に密着した二輪車として世界中で高い評価を得ている。
 

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事