BMW M2コンペティション 初試乗 2018年ベスト・ドライバーズカー有力候補

公開 : 2018.08.03 10:10  更新 : 2018.08.03 10:11


走りを磨くアップデート

このフロントに搭載される直6ユニットは、6速マニュアルか7速デュアルクラッチATと組み合わされる。今回われわれは両車に乗ることができた。みなぎるパワーは電子制御されるリミテッドスリップデフを介して、後輪を駆動する。エグゾーストも新しくなり、電子制御フラップを内蔵して排気音を高めているほか、ガソリン微粒子フィルターも搭載された。

エンジンベイには、サスペンションのウィッシュボーンのような形状のブレースバーが走り、ステアリングの制御にも手が加えられたほか、リアサスペンションにはボールジョイントが採用された。さらにコイルスプリングと通常のパッシブタイプのダンパー、スタビリティコントロール・システムも改良。総合的に「レスポンスを向上」させ、「限界領域での漸進的な挙動」をもつハンドリングを実現したとBMWはいう。

ブレーキも大型化され、アウディTTSやポルシェ718ケイマンGTSと並んだ時に、M2をよりコンペティション的な雰囲気を感じさせるのには有効なアイテムでもある。ちなみにディスクはカーボンセラミックス製ではなく、通常のスチール製となる。

その他の変更点としては、従来までのM2と比較して40psと8.5kg-m増強されたエンジンのために、冷却システムへの空気の流量を増大する目的で、フロント周りのデザイン変更を受けている。新しいデザインのホイールと、Mスタイルのシートとサイドミラーも装備された。

これらのフェイスリフトの結果、M2コンペティションは、従来以上にシャープで運動性能の高いクルマになっているのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事