BMW M2コンペティション 初試乗 2018年ベスト・ドライバーズカー有力候補

公開 : 2018.08.03 10:10  更新 : 2018.08.03 10:11


どんな感じ?

嘘偽りなく驚異的なパフォーマンス

最も興味が湧くのは、目に見えないパフォーマンスの変化だと思う。その変わりようは、相当に凄い。基本的にわたしは正直な方だと思うが、このM2コンペティションは、嘘偽りなく、驚異的だ。

M2が登場した当時、エンジン単体ではポルシェの4気筒エンジンを凌駕する性能を持っていた。その反面、ハンドリングは確かに骨太で情報量も濃く、楽しめる仕上がりではあったものの、ケイマンのそれにまでは及んでいなかった。

ただし、ポルシェの持つ繊細さ、という点では、今も届いてはいないことも事実ではある。ケイマンの場合、重量物はボディの中心付近に集約されており、乗り心地は素晴らしく、秀逸なボディコントロールを実現している。驚くほど俊敏にコーナリングをこなし、限界領域付近でも、本当に優雅にダンスをするように操ることができる。

M2コンペティションは異なるパッケージングであり、結果として異なる魅力を獲得している。かつてのM2の乗り心地を覚えている読者もいるだろう。少しガサツな感じがありつつ、妙に丸くバウンドするようなものだったのだが、それが大きく改善している。

しっかり硬い乗り心地でありながら、とても素晴らしく減衰力が効いており、本当にひどい路面でもない限り、乗り心地は悪く感じられない。ボディの動きも素早く収束する。このシャシーの変化も、M2が目指したレスポンス向上項目のひとつといえる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事