完全な自動運転に「倫理的な問題」 BMW顧問が語る完全自動化への壁

公開 : 2018.08.10 17:10

進められる公道実験

BMWはすでに40台以上の試験車を公道に投入し、日常的に1000kmほどの走行を繰り返している。

ロバートソンは、大半の行程で問題は生じないものの、一度の走行で平均3回は、同乗するエンジニアが運転に介入していると明かした。

「結果は良好です。しかし、われわれは完璧な結果を出す必要があります」彼は語る。

「完全な自動運転、つまり乗員が運転せずに後部でくつろげるような状況は、明らかに現在の技術で実現することができません」

「そこで、われわれは国の方針をよく検討しなくてはならないのです」

「現在、英国政府は、多少交通規則に反しようと、公道での自動運転車の実験を促進しています。政府は、われわれが熾烈な開発競争を繰り広げており、実験を行いやすい環境は大きな利益を生むのだと理解しているのです」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×